心エコー図専門医制度

心エコー図専攻医

専攻医受付

2024年度 専攻医受付
受付期間 2024年2月1日(木)~2月29日(木)
登録方法 受付期間内にこちらの「専攻医登録システム」からご登録ください。
*研修施設・研修関連施設については、研修が決定された施設をご登録ください。
*研修先が未定の方は、研修施設が決定してからご登録ください。
*研修施設・研修関連施設はこちらから
*【重要】登録および連絡のメールは、PCメールを受信できるメールアドレスをご用意ください。

専攻医プログラム

詳細は以下のプログラムをご確認ください。
※プログラムには指定カリキュラムが記載されています。

日本心エコー図学会認定心エコー図専門医研修プログラム_循環器(小児除く) PDF
日本心エコー図学会認定心エコー図専門医研修プログラム_小児循環器 PDF

研修について

研修:カリキュラム制
対象者:循環器専攻医プログラムを開始して1年目以降の方。

研修期間: 2 年以上とする。日本循環器学会認定循環器専門医・日本小児循環器学会認定小児循環器専門医との連動・並行研修も可能であるが、当会専門医受験資格取得は循環器専門医・小児循環器専門医資格取得後となる。

研修場所:本会認定研修施設、あるいは研修関連施設において行う。指定カリキュラムを修了した者に、本会認定心エコー図専門医認定試験受験資格を与える。研修施設・研修関 連施設の要件は別途定め周知する。

研修施設、研修関連施設以外に属し、本専門医取得を希望する者は、研修施設で週1回以上の研修を行い下記の症例数を経験したならば(年限は問わない)受験申請が可能となるが、研修歴が研修施設、研修関連施設研修した者と同等であるかの予備審査を行う。そのため該当者は受験申請受付開始に1か月以上先行して日本心エコー図学会に申し出ること。

(*認定施設と研修関連施設の要件について:小児循環器専門医の資格において研修を行う場合は、①本会認定研修施設あるいは研修関連施設、もしくは②心エコー専門医は在籍しないが、日本心エコー図学会会員である小児循環器専門医が1名以上在籍する日本小児循環器学会修練施設(群)とする。これらの要件を満たせば研修施設として認定する。尚、胎児エコーの研修に関しては、胎児心エコー認証医の指導のもとに行われていれば、研修場所については問わない。)
※本年4月の段階では②に該当する研修施設として認定を受けている施設は無いので、注意してください。

専攻医カリキュラム修了審査

修了審査申請資格
  1. 日本心エコー図学会専攻医に登録し、本会認定研修施設あるいは研修関連施設において2年以上の研修を行なっていること
  2. 日本心エコー図学会学術集会の出席1回以上を含み、循環器関連の他学会学術集会への出席と合わせ研修期間中に3回以上出席していること
  3. 心エコー図学に関する論文を1編以上(申請者が筆頭著者であること。症例報告も可。英文、和文の別は問わないが査読を経て掲載されたものに限る。なお学会抄録は論文とは認めない。)を有するか、あるいは公募による学会演題で自身が筆頭となって発表した心エコー図学に関する抄録3編以上を有すること
  4. 日本心エコー図学会の開催する夏期、秋期、冬期講習会(オンデマンドを含む)およびSHD研修会へ2回以上参加していること
  5. 医療倫理講習会(e-learning含む)を1回受講していること
日程
受付期間 2024年4月1日(月)~4月30日(火)
結果通知 2024年8月中旬

カリキュラム修了が認められた専攻医は心エコー図専門医認定試験二次審査の受験資格が与えられる。ただし、受験する際は、以下の条件を満たさなければならない。

<受験の条件>
・一般社団法人日本心エコー図学会会員であること。
・日本循環器学会専門医資格または日本小児循環器学会専門医資格を有すること。
・2024年度日本心エコー図学会年会費を完納していること。
・審査料(30,000円)を納付すること。(必ず本人の名義で振り込むこと)

提出症例 ※詳細は要項および心エコー図専門医研修カリキュラムを参照のこと

循環器(小児を除く):
経胸壁心エコー図検査(TTE) 300 例(負荷検査およびバブルテスト計 10 例を含む)、経食道心エコー図検査(TEE) 50 例を、心エコー図専門医の指導のもとに施行し、症例一覧表を作成する。TTE と TEE の両手技を施行した症例はそれぞれの症例に含めることができる。症例は別に定める疾患群が満遍なく含まれることが必要である。これらの症例のうち TTE 20 例と TEE 10 例について書式にそった報告書を作成し、任意の症例の動画ファイル TTE 5 例, TEE 5 例分を提出する。動画ファイルは報告書を提出する症例と一致している必要があり、心エコー図専門医研修カリキュラム「5.病態と疾患の診断」の細目(a-m)から疾患が重ならないようにないように 10 例を選ばなければならない。

小児循環器:
経胸壁心エコー図検査(TTE) 300 例(先天性心疾患の 3D 心エコー 5 例、小児心疾患のストレイン解析 5 例を含む)、経食道心エコー図検査(TEE) 30 例、胎児心エコー 20 例を心エコー図専門医の指導のもとに施行し、症例一覧表を作成する。TTE、TEE、胎児心エコーの手技を施行した症例はそれぞれの症例に含めることができる。症例は別に定める疾患群が満遍なく含まれることが必要である。これらの症例のうち TTE 25 例と TEE 3 例、胎児心エコー 2 例 について書式にそった報告書を作成し(TTE 25 例中に 3D 心エコーおよびストレイン解析に ついて 2 例ずつを含める。適切な解釈が行われたかを証明するため鮮明な 3D 画像のコピーとストレイン解析結果の画像コピーを添付する)、この報告書と、任意の症例の動画ファイル TTE 5 例, TEE 3 例分、胎児心エコー 2 例分を提出する。なお、胎児心エコーについては、胎児心エコー認証医の指導のもとに行われた検査であることをレポートに記載のうえ胎児心エコー認証医によるサインが必要である。動画ファイルは報告書を提出する症例と一致している必要があり、心エコー図専門医研修カリキュラム(小児循環器)「4.病態と疾患の診断」の a から疾患が重ならないようにないように 5 例、さらに b-k から区分が重ならないように 5 例を選ばなければならない。

申請書類および申請方法
申請要項 心エコー図専攻医カリキュラム修了審査要項
心エコー図専門医研修プログラム_循環器(小児除く)
心エコー図専門医研修プログラム_循環器(小児循環器)
提出書類

①審査申請書【様式1】
②学術集会、日本心エコー図学会研修会・講習会、医療倫理講習会の出席証明書
➂論文(全文)1編または学会演題発表の抄録3編
④症例:心エコー図専門医研修プログラムおよびプログラムの添付資料である研修カリキュラムに則り、過不足なく提出すること。
 ・循環器:【様式2】〜【様式5】および【動画1】【動画2】
 ・小児循環器:【様式6】〜【様式11】および【動画3】〜【動画5】
※詳細は要項を確認すること

提出方法 所定の申請用紙に必要事項を記載し、受付期間内にアップローダーを使用し提出してください。アップロード先は申請受付期間にここに掲載します。
以下の注意事項をよく確認して提出してください。
【提出方法の注意】
  • 申請用紙(申請書・症例一覧表・報告書)の署名欄を除く部分はパソコンで作成してください。手書きは受け付けられません。
  • 各書類はすべてPDFファイルに変換してください。Word・Excelのままで提出された書類は受け付けられません。
  • 提出書類、提出動画はすべて1つのフォルダにまとめ、フォルダ名は「申請者名+提出日」(例:○○○○20240412)としてください。
  • まとめたフォルダはZIPファイルに変換した後に、アップローダーを用いて提出してください。
申請書類ダウンロード 循環器(小児を除く)

小児循環器

ページトップ

一般社団法人日本心エコー図学会事務局
〒532-0003 大阪市淀川区宮原4丁目3-12 明幸ビル5F
TEL: 06-4305-7085 FAX: 06-4305-7087
e-mail: office[あ]jse[ど]gr[ど]jp([あ] を @ に,[ど] を . に変えてください。)

事務取扱時間:月~金 午前9時30分~午後5時
事務局休業日:土・日・祝日、講習会後の月曜日